2010年01月28日

第3回 母音の発音(1)

ある方法で半年ほど発音の勉強をしていた私にとって、英語喉は画期的な本です。口や舌の形にとらわれないところがいいですね!でも、これが困ったことにもなります。(後述)

アクビエリアで、アイウエオと発音したものが、A,I,U,E,O になります。(正確にはEはバーがつく)このA,I,U,E,Oは、英語喉独自の発音記号です。これは、一般的な発音記号を知っている人には、最初戸惑うところです。

ちなみに、

A ⇔[a]
I ⇔[i:]
U ⇔[u:]
E ⇔[e]
O ⇔[ou]

に対応しているようです。
どの発音においても、口はリラックスの口です。

英語喉を知る前は
[a]は、指が3本ほど入るほど大きな口を開く
[i:]は、、「いっーだ!」というように口を横に開く
と習いましたが、英語喉では、どれもリラックスの口だそうです。

この際、戸惑うことが起こります。それは、すべてリラックスの口でアクビエリアなら、どうやって違う音を出すのか?ということです。
ここは、付属のCDを聴いてまねるということになるのでしょう。ということは耳が頼りになるわけですが、聞取りが悪い人には困ったことになるのです・・・。私もそうです。

このへんは、何らかの解説が欲しかったなぁと思います。

良くないことかもしれませんが、私は、

A ⇔[a]
I ⇔[i:]
U ⇔[u:]
E ⇔[e]
O ⇔[ou]

を念頭において発音をしています。もちろん、喉から声を出すことが最優先です。口の形もなるべくリラックスの口を心がけています。
posted by KENJI at 21:49| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月26日

第2回 アクビエリアとゲップエリア

「英語喉」のポイントは、喉発音です。

これを会得するのが最初の壁です。
普段、日本人は口発音なので、まず感覚を掴むまで数日かかります。

喉発音でも、あごあたり(アクビエリア)と首のつけ根(ゲップエリア)の2種類の発音があります。

練習するしかないのですが、本にも書いてあるように息を吸いながら発声する方法が有効だと思います。そうやって、コツを掴んでから実際に発声してみるとうまくいきました。(私が勝手にそう思い込んでいるだけかも?)喉をリラックスすることも大切ですね。

次の音声は、口発音、アクビエリア発音、ゲップエリア発音の順になっています。



↑でうまく発声できているかどうかは、自分で判断するしかないところがちょっとつらいですね。まぁ、できていると勝手に判断して進んでいきます 笑 

アクビエリアになると立体感のある響いた声になります。さらにゲップエリアでは、喉全体が一本のホースのような感じになって響きます。

使い分けるコツとしては、声を出す場所を指で軽く押さえる良いと思いますよ。
posted by KENJI at 20:48| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第1回 英語喉について

1月16日に本屋で、「英語喉」を購入しました。

すでに購入して10日ほど経つわけですが、今日から2ヶ月の間にどのように発音が変わっていくのかを、自分の備忘録も兼ねて、記録として残してみようという試みです。

練習前の私の発音です ↓



さて、この発音がどのように変わっていくのでしょうか?
posted by KENJI at 19:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。