2010年02月07日

第8回 復習

ゲップエリアを中心に練習しましたが、まだまだです。

とりあえず、前回ご注意をいただいた文を再度録音しました。録音している時でも、ゲップエリアから音が出たり、出なかったりと苦労しています。
早くゲップエリアを定位置にしたいです。





posted by KENJI at 15:41| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月05日

第7回 i_ の発音練習

ゲップエリアの練習をしています。

うまくいくときといかないときがあります。前日はうまく音が出たたのに、今日は出ないということもしばしば。特に昨日はひどかった。全然ゲップエリアから音が出ませんでした。
そこで、試したのが『矯正ギブス』これは効果テキメンでした。数分でゲップエリアから声が出てきました。



あと、1,2センチ喉の奥から音が出て欲しいと思っています。




posted by KENJI at 21:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月02日

第6回 i_ の発音

前回の音声をアップしたものを、かずさんのブログでチェックしていただきました。いくつかのアドバイスをいただきましたが、やはりというか、i_の発音がうまくできていなかったようです。

ここ数日は、i_を中心にゲップエリアの音の練習をしたいと思います。

わざわざ、お時間をとっていただきましたかずさんには感謝の気持ちで一杯です。ありがとうございました。

また、NKJMさん、nasuさんにもコメント、ご指導をいただきました。ありがとうございます。早く、おふたりに近づけるようがんばりたいと思います。


i_の発音も単独なら音が出ているようなんですが、文中に出てくると、他の音の影響を受けて、喉の深いところから出てこないのです。リラックスして頑張りたいと思います。
ということで、進むのは少しストップして、i_の練習に勤しみたいと思います。


posted by KENJI at 20:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月31日

第5回 母音の発音(3)

英語喉の本を購入するまでは、口の形や舌の位置について詳しく書かれた本を読んでいたので、まだまだ、その後遺症?が残っています。

今回は、音声をアップします。まだ、スリービートのところは読んでいないので、喉から音を出すことに注意して発音してみました。


Lesson06


Lesson07


Lesson08


ゲップエリアがやはり難しいです。ゲップエリアから音出ているのでしょうか?

現在は、アクビエリアが定位置になってしまっています。ゲップエリアが定位置になるように、練習しないと・・・。
posted by KENJI at 17:10| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月30日

第4回 母音の発音(2)

自分の備忘録を兼ねて始めたブログで、誰も見ていないだろうと思っていたら、コメントをいただいていたのでびっくりしました。ありがとうございます。

英語喉を実践されてる方のブログなどを拝見すると、TOEIC高得点の方が多く、自分とは全然次元が違うなぁと思ってしまいます。

私の方は、25年以上英語の勉強はしていなかったので、現在は中学3年生くらいのレベルだと思います。ここ1年ぐらい、ちょっとずつ英語の勉強を始めています。

私の趣味はマジック(magic)で、たまに海外のDVDも見るのですが、全然聞き取れません。聞き取り率20%以下だと思います 汗。それで、聞取りが少しでもできるように勉強を始めたのです。聞き取るためには、まず自分が発音できるようにならなくてはと思い、発音の練習をしています。

さて、

a ⇔[ae]
a_ ⇔[ae]
i_ ⇔[i]

となるようです。
[ae]に2つの音があるとは知りませんでした。[ae]は他の本には、逆三角形の口を作るとありますが、英語喉では口の形は重視していません。
これについては、mixiで質問したのですが、かずさん(筆者の上川先生)から、「ちなみに、私自身も最初は、aを言うときに口を広げ気味にしていまして、そのことをJEANAに言ったことがありますが、そのうち忘れていて、気がついたときには、広げずに発音するようになっていました。」という回答をいただきました。

アンダーバーはゲップエリアで発音するという意味です。ゲップエリアは手強いです。私の場合、数分ほど発声練習をしないとゲップエリアから良い音が出ません。すぐにゲップエリアから発声できるように練習しないといけないと思っています。
posted by KENJI at 21:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。