2010年02月16日

第12回 子音の発音 M

かずさんに、第11回の分のアドバイスをいただきました。
ありがとうございます。

kenjifeb.wav

次回のBento Boxまでに修正したいと思います。


今日から子音です。
従来のMと、英語喉のMの違いがいまいちよくわかりませんが、口先でなく、喉からMの音を出すように心がけました。丁寧に(ゆっくりと)Mの音を出す感じだと自分では思っています。

この『丁寧に(ゆっくりと)喉から音を出す感じ』が、英語喉における子音の基本のような気がしています。

posted by KENJI at 21:05| Comment(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。